のぼりの歴史

屋台や店先、相撲に歌舞伎とさまざまな場所でみかける「のぼり」ですが、いつからあるのか、その起源を調べてみました。

「のぼり」の起源は平安時代、平安時代以来、武士たちは権力や軍容を誇らしく示したり、敵や味方の識別をするために、木の棒に長い布を紐で吊るして風になびかせて、丈の長い「流れ旗」を軍の象徴として掲げていたそうです。

時代はかわって室町時代、この時代になると武家一族同士での争いが増加しはじめます。

しかし、同じ一族同士での争いとなると「流れ旗」も同じ、家紋も同じ、流れ旗はその名の通り風になびくのぼりのため、なびいてしまっては家紋しか見えずそのため敵見方の判断に混乱が生じるようになり、布地の長辺の一方と上辺のふたつ辺を旗竿に結びつけ、流れ旗との識別をわかりやすくし、「のぼり」が発案されました。

この「のぼり」が発案されてから全国の武家へと広まっていき、「流れ旗」から「のぼり」へ置き換わっただけではなく、管理がしやすいことから戦国時代をへて、幅広く使用されるようになったといわれています。

室町時代にあみだされた「のぼり」が現代も形をかえずに残り、当時とは「のぼり」の用途や意味合いは多少違いますが、店の看板として、広告として多く用いられているのはすごいですね。

かつては旗竿に竹をしようしていましたが、昨今ではプラスチックのものや塗装した金属パイプを竿にしています。

印刷もシルクスクリーンプリントやインクジェットプリントなどが普及し、小ロットから「のぼり」を製作出来るようになったので、個人でも「のぼり」をつくれるようになりました。