のぼりは日本特有のツール

のぼりは、日本特有の販促ツールです。

海外のデパートやホテルでも、屋根の近くにフラッグがたくさん下がっていたりしますが、日本で見るのぼりのようなものはありません。

これは、のぼりが日本人に対してだからこそ、訴えかける効果を発揮するアイテムであることの象徴です。

そもそものぼりは、室町時代に家内で戦が起こった際、家紋も同じで旗も同じ、これでは敵味方がわからん!という事で、戦場でそれまでの流し旗の下端を竿に結びつけたのが始まりです。

現在では、格安でのぼりを購入できますね。

流し旗は、その名の通り風に乗ってゆらゆら流れたようになってしまうので、旗の文字がよく読めません。

なので、それ以降、戦場ではこののぼりの形にした旗が用いられるようになり、敵味方の選別、武将などの個人の判別、決意や意志、目的や哲学を表現するため、など、目印や読み物として用いられてきました。

ですから、のぼりを見ると私たち日本人は、興奮するようなソワソワするような、書いてあるものを読まなければ、というような気持になるのです。